自分らしい暮らしを楽しむ家づくり

Home > ソーラーサーキットの家 > 123|4.夏をさわやかにするしくみ|56

ソーラーサーキットの家

ソーラーサーキットの家は長期優良住宅対応

  • 二つの通気層が室内環境をゆるやかに調整。夏の寝苦しい夜も、朝までさわやか。

    二重通気は、躯体を外装材、断熱材、内装材で三重に包み、ぞれぞれ間にインナーサーキット(内側)とアウターサーキット(外側)と呼ばれる二つの気流の通り道(通気層)を設ける工夫。室内の暑気や湿気を外へ逃がすことで、さわやかな室内環境をつくります。

    インナーサーキットとアウターサーキットの機能

    ページの先頭へ

  • 自然の風が湿気を外へ。梅雨のじめじめした日も、さらっと快適。

    二重通気の特長は、室温の調節に自然の力をうまく利用するところ。家にこもる熱や湿気を、自然の気流が外へ逃がしてくれます。また、二重通気のない一般的な外断熱の家に比べ空調設備に頼ることが少なくなるぶん、体にやさしく健康的に過ごせる家といえるかもしれません。もちろん、冷房費のコスト節約にも貢献します。

    「ソーラーサーキットの家」のエアコンを使った夏の暮らしの一例

    ページの先頭へ

  • 断熱・気密に優れた、ソーラーサーキット専用の通気部材。

    ダンパーも外気に接する開口部の一部。そこから熱が漏れては意味がありません。素材に高性能樹脂を使用し、ダンパーそのものの断熱性、気密性も配慮しています。

    • SC床下ダンパー
    • 冬は閉じて冷気の侵入を防ぎ、初夏から秋にかけては、開閉することで床下への外気導入口となります。

    • SC小屋裏ダンパー
    • 夏は開放することで、こもった暑気を外に逃がし、冬は閉めることで気密性を高め、暖気をキープします。

    • SC小屋裏ファン
    • 寄棟づくりや風の少ない地域などのSCダンパーが設置できない場所で、SC小屋裏ダンパーと同様の働きをします。

ページの先頭へ

気温をとらえて自動コントロール ずっと気持ちよく暮らすために 気温をとらえて自動コントロール 夏をさわやかにするしくみ 「外断熱」にもいろいろある 「ソーラーサーキット」って何? 大切なのは、住みごこち 「外断熱」にもいろいろある